免疫力とがん予防

センシンレンには免疫力を高める効果があるといわれており、また合わせて癌の予防に効果があるともいわれております。
というのも免疫力というものが直接癌に影響があるからです。

免疫力が高いと癌から身体をまもってくれますが、免疫力が低下すると癌になりやすくなるからです。

がん予防の手段は大きく分けて3つあると言われております。
●1次予防
1次予防とは食事や運動といった生活習慣の改善などによって癌にならないようにすることをさします。
●2次予防
2次予防は癌を早期に発見し治療をすることで癌による死亡のリスクを防ぐことです
●3次予防
3次予防とは既に癌を発症して治療した人が他の部位への転移や再発を防ぐ為に予防する手段のことをいいます。

これら全てに共通するのが「免疫力」なのです。免疫系というのは「神経系」「ホルモン系」とならんで健康3大要素と言われており、これらは互いに支えあい、影響を与え合っています。この3つの要素を鍛える(高める)ことで免疫力が高まり、癌を含む病気にならない身体を作ることが出来ます。
癌患者の多くに共通するのが免疫力が低下していることです。抗がん剤や放射線治療等ではがん細胞だけでなく、正常な細胞にもダメージを与えるためさらに免疫力が低下していきます。
つまり免疫力が低下しないためにバランスのとれた食事や日常生活を送ることが非常に大切になります。またサプリメントで不足している栄養分を補う事も大切になってきますので、免疫力が低下しないよう心掛ける事が大切になります。

Links

このページの上へ戻る