二日酔い予防

センシンレンには二日酔い予防に良いと言われており、二日酔い対策用の商品などにも多数使用されております。
それはセンシンレンに含まれているアンドログラフォリド等の活性成分が抗菌・抗ウィルス、抗炎症作用のほかに、胆汁の流れを促進し、肝臓を保護する作用があると認められております。

そこで近年多くの研究者が研究した結果肝臓の保護に有効な働きをするということがわかる症例やデータが多数解明され、肝機能に以上があると出現するGOT/GPT/ALPの抑制効果があるという事も確認されております。
特にこれらのなかでも注目されているのがお酒を飲んだあとの血中エタノール濃度を著しく低下させる作用があるという事です。
つまりアルコール処理能力が非常に高く、非常優れた効果をはっきるハーブとして注目され、ウコンに変わる二日酔い対策成分として話題になっております。

そもそも何故人は二日酔いになるのでしょうか。
二日酔いの症状として頭痛、吐き気、めまい、気分が悪い、身体がだるい等の状態を指します。その原因としてはアルコールを多量に摂取する事でアルコールを代謝する過程で出る有害物質の「アセトアルデヒド」が血中に残ってしまっている事があげられます。
つまりこの「アセトアルデヒド」をいかに血中に残させないかというのが非常に大切になります。
先に説明したようにセンシンレンにはそのアルコールを消化させる能力が非常に優れているという事はつまりこのアルコールの代謝機能を高めてくれるという事であるので、現在二日酔い予防のサプリメント等の使用される事が増えてきました。

二日酔い対策の方法は昔から様々ありますが、このセンシンレンが配合されたサプリメントを飲酒する前に飲んでおけば二日酔いで悩まされる頻度は少なくなるのではないでしょうか。

Links

このページの上へ戻る